夫婦の為のフルリフォーム

家を二世帯にするフルリフォーム

家を二世帯にするフルリフォーム いわゆる核家族世帯数が近年、増加傾向にあります。
一人で暮らす若者と女性、そして高齢者が近年増えつつあり、少子高齢化社会や介護問題の深刻化に繋がっています。
一方、若い世代を中心に絆を大事にする動きも目立ってきました。
若い夫婦は両親との同居を嫌う傾向がある、といった話が世間ではよく聞かれますが、それは一昔前の傾向です。
むしろ最近の若者は親を大事にする優しい性格を持っており、積極的に二世帯の同居を進める家庭も増えてきました。
過去の大災害を経験し、再び家族の大切さや絆の重要性を再確認し、二世帯同居を検討する若夫婦も出てきました。
ただ、普通の住まいに二世帯の夫婦が暮らすのはいささか窮屈です。
家を二世帯にするフルリフォームをしなければ快適に暮らせません。
かつては二つの夫婦が共に同じ住まいを共用するとプライバシーが無くなる等の欠点がありましたが、最近のフルリフォームであれば、見た目は一つの住まいながら、内部構造は実質的に二つの家に区分された、プライベートがそれぞれに確保された快適な家に改装出来ます。

別荘のような家にするフルリフォーム

別荘のような家にするフルリフォーム 現在居住している家をリフォームし長年慣れ親しんだ土地で快適に別荘のような家で暮らしてみてはいかがでしょう。
そろそろ第二の人生設計をとお考えの熟年世代の方に現在お住まいの家をリフォームし生活圏を変えずに別荘ライフをお勧めします。
年齢を重ねてからの知らない土地での生活は挑戦してみたい気持ちもありますが実際やってみると、毎日の生活必需品等の買い出し、病院への通院、移転先での近所付き合い等様々なことで後悔をすることもあります。
現在の快適な生活に関わる環境は変えず、家を別荘のようにフルリフォームし、生活そのものを変えてしまいましょう。
ご夫婦お二人の生活であれば、幾つもお部屋は必要ありません。
個室は、寝室、来客用の寝室になる部屋を用意し、他の空間はできる限り広くキッチンとリビングにあて窓も大きくし気持ちの良い風と採光を取り入れましょう。
内装を好みの古民家風にしたり、アジアンティストを取り入れる、または、ヨーロッパやハワイ風にするなどで生活は素敵に一変します。
暖炉等があるとますます別荘気分が味わえます。
暖炉の炎は暖かく幻想的で料理にも使えるのでお勧めです。

新着情報

◎2018/6/14

デザイナーに大事なこと
の情報を更新しました。

◎2018/2/21

介護をのためのリフォーム
の情報を更新しました。

◎2017/10/27

毎日使うトイレこそリフォーム
の情報を更新しました。

◎2017/6/26

インテリアを一新させる
の情報を更新しました。

◎2017/4/21

家を二世帯にする
の情報を更新しました。

「リフォーム 期間」
に関連するツイート
Twitter